難関医学部を受験するなら予備校が必須

受験をする場合大学のランクで選ぶという人も少なくないと思いますが医学部に関してはどの大学でも他の学部と比較すると圧倒的に偏差値が高くなります。しかも受験するという事は将来医者として働きたいという強い意志があるからで、例えば他の学部のように経済学部か社会学部のどちらかに入れればOkという訳にはいきません。偏差値が高く、また試験内容もクセのある問題が少なくないため受験対策として予備校に入る事をお勧めします。浪人生ならともかく現役だし自力でと思う人もいるかもしれませんが、医学部では一浪二浪は珍しくありません。それぐらい合格するのが難しいと分かっているのですから現役の時から予備校に通いしっかり勉強しなければ間に合わない、そう危機感を持つ事も大切です。医学部専用の予備校もあるみたいですから通える範囲にあればそうゆうところに通う方がさらに効果があるでしょう。

医学部受験の予備校は授業料免除の可能性も

医学部っていったら、だいたいはかなりの難関になります。それも国立クラスになると、偏差値が他の学部の比ではありません。入試の気合の入れようもやはりちょっと変わったことになります。医者としての倫理観というか、ありかたを問われるような題材に対する小論文を書いたり、医学部受験生のための合宿があったり、入試の科目が明らかに負担だったりと言うことも多いです。センター試験で言えば、ほとんど9割近くの点数が必要になると言われています。ですから、医学部向けの予備校は人気であると同時に、模試での成績がそれなりに優秀なら、特別に授業料が免除されることも少なくありません。予備校側としても、合格者実績が欲しいので、かなり条件が良かったりもします。お金がないからと浪人を諦める前に、ちょっと値段を確かめてみるのも非常にありだと思いますね。実際、全額免除もざらです。

医学部受験生専門の予備校

大学の医学部の受験を控えている受験生や、医学部浪人生たちが通って学んでいる予備校が医学部専門予備校です。私立大コースや国公立コースがあり、さらに第一志望の大学の難易度別にクラス分けがされています。学校の入学時に学力を測るための学力テストがあり、学力が高い優秀な生徒は選抜クラスに配属されて、さらに高いレベルの授業が受けられます。授業は朝早くから夜遅くまで続き、徹底的なスパルタ授業が行われる学校もあります。ほとんどの予備校には寮があり、寮から通学している生徒もいます。寮だと朝と夜の食事つきで栄養管理もできます。また、マンツーマンの個別学習コースがある学校もあり、講師と生徒の二人三脚で第一志望の大学突破を目指します。マンツーマン授業コースは学費が高額になりますが、質の高い授業を受けたい生徒に需要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*